全大宮野球団

allomiya.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 31日

公式戦結果 vs全三郷

(兼、3月第5週活動報告)
2009/03/29  晴 12℃/1℃

さいたま市長杯第37回JABA社会人野球大会
2回戦第1試合 @市営岩槻川通球場

全大宮 
 9 0 0|0 0 0|0 0 0  |9  H8 E2
 0 5 3|0 0 0|0 0 2X |10 H4 E5
全三郷 

(大)石渡、松島(4回~)-千葉
(三)金子、渡邊(1回~)、尾崎(1回~)-川上

▽本塁打:佐々木(三)
▽三塁打:入山(三)
▽二塁打:宇内(大)、入山、川上(三)

~ダイジェスト~
一回表
宇内が右中に2ベースを放つと、続く村山がすかさずセフティバントを決めチャンスをつくると、宮之原がきっちりと中前にヒットを放ち先制①する。
続く四番諸星にも右前にヒットと谷本はフォアボールを選び押し出しの②点目。
後続の越川もきっちりと右前に運び③点。千葉もフォアボールを選び押し出しの④点目。
その後もフォアボールやワイルドピッチ、宮之原の犠打によって初回に⑨点を得た。
しかし、2回表には追加点を得ることができず、さらに裏には、エラーで出したランナーを三郷の入山にセンターオーバーで運ばれ3ベースを許すと、一気に②失点。
なんとか悪い流れを断ち切りたいところだったが、さらにフォアボールとパスボールを出し③点を失う。
そのあとには右前やフォアボール、左前にと運ばれこの回に⑤点を失ってしまう。
3回表、全大宮はいい流れを引き込むことができず、得点なしになると、勢いずいた全三郷エラーで出塁したランナーを右前でつなぎ、続く佐々木にはランニングでの本塁打を許し⑧失点目。
ついに一点差となってしまう。
その後は両者一歩も譲らない展開で9回の裏。
全三郷はフォアボールで出塁したランナーがワイルドピッチで進塁すると、1H1Eでホームをピンチを広げる。
最後は今日打ち込んでいた入山に左前にきっちりともっていかれ、さよならを許した…。


反省
本日のゲームは、全大宮今季3回目の実戦。
朝いちばんのゲームで気温も低く、風も冷たかったです。
ただ、そんなことは言い訳になるはずもなく、全三郷さんも同じ条件で戦った訳です。
昨日の反省を活かし、平凡なミスをなくして、負けない野球をやっていこうという流れの中で、今回は敗北をしました。
もちろん初回の大量得点によって安心してしまった感はなきにしもあらずだったかもしれませんが、主将も2回以降一点ずつでもいいからしっかり攻めていこうといった気迫はだしていましたし、選手も極端に気を許した感じはありませんでした。
ただ、この時期に立派な速球を放る全三郷の尾崎投手の球をとらえる事ができず、若い選手は委縮してしまい結果が出せなかったのかなと思います。何度かチャンスをつくることができましたが、結局点には結びつかずで、そこも焦りを煽ったのかもしれません。
本日の試合で言える事は、つまらないミスをしていけば、そこに悪い流れが流れ込み結局は負けにつながってしまうということを再認識させられたこと、まだシーズン始ったばかりとはいえ、今後上位の大会に行けば尾崎投手のような速球を投げる投手はどんどんでてくることが予想される中、力量はともかく工夫にかけた試合展開をしてしまったことを反省しなければなりません。
一番大事な大会はすぐにやってきます。
各自しっかりと調整していきましょう!!(Y)
[PR]

by all-omiya | 2009-03-31 23:53 | 試合 | Comments(1)
Commented by ふぁん at 2009-04-02 19:41 x
ん~がっかりですね。立派な速球を投げた相手に萎縮してるようでは先はないですよ。厳しい言い方しますが。しかもその投手が9イニング投げてるのに無得点では打の全大宮の名が泣きますよ。1点差まで追い上げられても逃げ切る力をつけてくださいね


<< OP戦結果 vsREVENGE99      公式戦結果 vs松山OB >>