人気ブログランキング |

全大宮野球団

allomiya.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 08日

Spotlight #4 FUSE HIROTOMO 

c0084003_238878.jpg◆布施 啓友

◆生年月日
 1975年5月22日
 (掲載時33歳) 双子座 

◆野球暦
 小学校→6年間水泳
 中学校
 →川口市立元郷中学校
         (副主将)
 高校  →大宮東高校
 社会人→鷺宮製作所→
 鷺宮製作所狭山⇒
 全大宮野球団

◆インタビュー
①<全大宮野球団との出会い、そして当時感じたこと>
 Q:甲子園を経験後、社会人野球に進み、どのように全大宮と出会いましたか?また、当時の印象は?
 A:入部のきっかけは、狭山チームが休部になってしまうという時に、全大宮がいち早く声をかけてくれたことです。正直、硬式を続けるかすら迷っていましたが、熱心にお誘いをかけていただいたので入部させていただきました。
 狭山チームだった当時、同じ埼玉県所属のチームだったので何度か対戦した事がありましたが、打撃の良いチームという印象でした。

②<野球・チームに対する考え方>
 Q:実業団を経てと、経験豊富な布施選手ですが、「野球」に対する取り組みの変化を教えて下さい。
 A:企業で野球をやっていたころは、質・量共に濃い練習をしていましたので、とにかく反復練習をこなして“体で覚えていく”という感覚が強かったと思います。ただ、狭山チームに移籍してからは、今まで野球中心の生活から仕事中心の生活に変わり、練習も毎日あったのが週3回に減りました。どうしても定時後の練習が増え、全体的な練習量は減ってしまいました。その中でいかに試合でベストコンディションにもっていけるかを考えながら全体練習に取組み、また、全体練習後の自主練習を工夫して取り組むようになりました。その考え方は今でも継続しております。

③<全大宮野球団とは。>
 Q:布施選手にとって「全大宮」とはどんな存在ですか?
 A:「硬式野球をできる場所」であるこはもちろんのこと、学生等を含めて色々な職業の人間と野球を通じて出会える貴重な場所だと思っています。

④<試合に臨んでいくにあたって行っていることは?>
 Q:経験豊富な布施選手、試合に向けてはどんなことに気をつかってますか?
 A:年も年なので、しっかりと準備運動を行い、ケガだけはしないようにしています。あとの細かいことや大事な事は、チームメイトに聞かれれば教えます010.gif

⑤<今のチームに望むこと(期待すること)・足りないことは?>
 Q:若い選手の多い今のチームに意識をしてほしいことを教えて下さい。
 A:今特に足りないと思うのは、練習のときにもっと上の人に意見を求めることだと思います。そして、自分の考えを話して、野球に取り入れることをすべきです。
 少ない練習の中で常に試合を意識して練習に取り組まなければなりません。気分が乗らない時でも、調子が悪いと思う時でも、試合はしなければなりません。ちょっとした考え方の違いで変わってくると思います。
 
⑥<ここ数年で大きく変化しているクラブチーム。その想いは。>
 Q:企業からクラブにとやってきている布施選手ですが、近年クラブチームについて感じることはありますか?
 A:企業チームが年々減ってきてしまっている中で、クラブチームは逆に増え、硬式野球が盛り上がっていけばよいと思います。

⑦<どこにも負けない全大宮野球団の強さは。>
 Q:布施選手の感じる当チームの強みはなんでしょうか?
 A:野球ではまだまだ途上のチームなので、これからだと思いますけど、副キャップの言っていた通り、上から下までの連帯感はとても強いチームだと思います。

⑧<後援会・ファンの方々へ一言。>
 Q:最後に一言お願いします!
 A:いつも温かいご声援ありがとうございます。みんなの力を合わせ一つでも多く勝つことで、皆様方の期待に応えていればと思います。これからもますます頑張っていきますので、宜しくお願い致します。
 ぜひ球場にも足を運んでいただければと思います。応援に来て下さい!


by all-omiya | 2009-03-08 23:12 | Spotlight | Comments(0)


<< 2009年試合結果 14勝14負1分      21年3月第2週 >>